「あめ豆」は「1点赤」と」

と言って、今年の表展で注目したいのロレックス大ハイライトはこの新しいヨット、別のだけ見て貴金属ロレックスの同僚と断言するこのカラーに採点外良い、この色彩感の強い腕時計は:カキ式恒动ヨット名仕型よんじゅう、ロレックス虹彩ヨットのカラー宝石デザイン同僚と揶揄されるマル「甘納豆圏」。腕時計は表展で初めて登場時に呼ぶの騒ぎと、この時計はロレックス時計設計上の突破口に賛同し、個人;ある人はカラーベゼルでロレックス腕時計では異なる伝統は、ロレックススタイル。しかし私は、ちょうど「虹圏」と論争を連れて鮮やかな色は環が最大のポイント(一つ買ってないので、話が論争の物件が良いものは。贅沢と面白いことを1体のそれは一体どんな発展に発展することができますか?期待してみましょう。

 
あとは今年の新海を初めて潜水表に置いてより大きなサイズの3235新しいムーブメント伝承第一項の海を設計の赤字「Sea-Dweller」を初めて于蓝水晶鏡面さん時位置足を付けるた窓凸レンズ。ブランド抜群のダイビングデザインと、新式の「協力」の代表代金としても。また、ブランドは化学性能の安定よりセラミックベゼルに溶け込んで腕時計の中に、新型海いっぱいの誠意を見せて。個人的にはこのようなを昨年の迪通通り黒い市場表現、期待の表友から待っててね。