「ワイドマン模様」Piage Altiplanno隕石文字盤陀飛輪腕時計

これはPiagetの今回のSIHHの最も複雑な作品で、青い隕石の文字盤の中で陀飛輪の構造に溶け込んで、惑星のように広大な宇宙の中で運行します。隕石の文字盤には独特の「ワイドマン模様」が見られます。Ni鉄の隕石によく見られます。その歴史は太陽系の最初の天体大爆発に遡ると推測されます。

 
新しい表は偏心式の配置を採用しています。2時は陀飛輪のフレームで、重さは0.2グラムしかなく、丁寧な手で面取りをして、Piagetのブランドの頭文字「P」を飾ります。時盤は8時の位置に位置しています。効果です。

 
41 mmのバラゴールドのケースには、Piagertが独自に開発したカリブロー670 Pの手動チェーンムーブメントを搭載し、全部で157枚の部品から構成されています。厚さは4.6 mmしかなく、周波数は21600 vphで、48時間の動力記憶を提供しています。ブルーワニの皮のバンドを合わせて、28枚限定です。