「航海シリーズナビゲーター」新メンバーが登場

アテネ表「航海シリーズナビゲーター」の最初に発売されたデザインは、白と青の表盤として発売されましたが、今回新しく発表された驚嘆の2つの新作は、精密な鋼の表殻が灰色の表板を組み合わせた専門店専属金とバラ金の殻の殻に黒金の表盤を組み合わせたデザインです。腕時計のデザインは優雅で簡素で、細長いローマの数字をマークし、ローズゴールドの梨形の針と動力を蓄えた「Hot」and『Bアス』と、アテネ表ロゴを刻んだ旋入式表冠を飾ります。また、小さい秒針と円形のカレンダー窓は6時位置に位置していて、そのブランドは創立年1846で、バラの金色で現れます。ベルトは上質なキスワニ革で作っています。

 
インスピレーションは海の源に由来し、アテネ表の「航海シリーズのナビゲーター」は、現代都市のエリートとしての日常的な着用のために、腕の間に身をつけて快適で、目を楽しませてくれる。これは1枚の専属船長の天文台の腕時計で、そしてスイスの公式天文台の認証CO欠陥とアテネの表の認証証明書があって、それは近代的な時計の設計の最盛期を代表して――代々伝わる製表の技術と優れた工芸を蓄積しました。