「花、鳥、風、月」は日本の美しい風景を描く

SEIKOスピリットSmart「花、鳥、風、月」特別企画金は、日本の自然の姿を象徴する「花鳥風月」を命題として、境地の美しい風景を備え、日本の繊細な工芸手法を通して詩的な表現をしている。桜の花が咲く光景を象徴する「花」は、白っぽい面で鮮やかな小秒針を組み合わせて、桜が飛ぶ時の美しい風景を表現します。スズメの鳥が飛ぶ「鳥」を解釈すると、墨の緑の面でひばりの羽のきらめき、低調な色彩を作り、ひばり鳥の優雅さと尊貴を演じます。そよ風の「風」は、白を底にして、青い線に彩られ、細心の裏紋として、夏のそよ風が水面の波紋を吹くように、清らかな涼味をもたらす。そして、明るい月を象徴する「月」は、漆黒のメッキステンレス表に全黒の時計を組み合わせて、金色の紋様で飾られている。仏一輪は夜空の名月のように、明るく明るく、上品な味わいに満ちている。