「青の太陽」宝玉経典シリーズ37年の透かし彫り車

宝の玉(Breget)37 95彫空陀飛輪万年暦腕時計は、マイクロ機械分野の真の“高級カスタマイズ”であり、その板橋はレース効果の彫刻を持っており、宝玉の精緻な芸を絶妙に示している。この新商品では、宝玉別具は、創意的に3番目のレベルを増やし、針と針の刻み込みを前にして、そのような設定がより簡単に読み取れると同時に、表盤上の他の情報も一目瞭然としている。

 
六時の位置の1分でツッツクと時符がうまく結びついています。この橋は依然として美しい逆角処理を経て、軸の上に針式小秒針を設置した。月曜日は9時位に位置し、波紋として、ココアに内蔵されたターボカムが月曜日の瞬間に飛び回る。月には青鋼の針で指示を行い、表盤の3時位置に位置し、太陽の放射線で、3時の月にディスクを表示した「青い太陽」が閏年に表示される。