「MasetGRAF Ultraフラッシュ」超薄型ドッカ中秋のおすすめ

表面には、グラフならではのダイヤモンドマザックを象眼した技術で、128粒のピューを象眼した。アイデアの斬新なデザインは、コンタクトの三角形カットダイヤモンドを配合して、細やかな配列と角度を調整して、グリフの経典の時計のデザインを再現します。

 
Grorfの大師級の職人は1年を超えてやっとこの特許の象眼技術を開発したことに成功した。表盤には160本の長方形カットダイヤモンド(共重4.90クレラ)があり、12時位置には三角形の母緑があり、時計の耳と表冠を付けて、腕時計のきらきら輝いている。

 
表盤にはグラフの豪華な腕時計があるGRAF Calbre 4機軸が隠されている。機械のコアは、精密なボールベアリングシステムを採用しており、ダ飛輪にわずか3.5ミリの細い機軸の中でも常に動作します。

 
ゲラフの華奢な腕時計行政総裁のミハルPitteloudは、「ゲラフが世界で最も比類のないジュエリーを代表していることがよく知られているので、私たちもこの新しい腕時計にダイヤモンドを入れて、複雑な腕時計シリーズのために注目を集めている」と話しています。」