あまりに美しいアテネClasicoの純度の金のシリーズの精密な鋼の腕時計

アテネのクラシックス純度の高い黄金のシリーズの小さい3針の腕時計は2015年に発売して、その出現はブランドの旗の下で流行する経典のシリーズのために1枚の新しい自制の芯を加えましたが、その時のそれはありますしかもバラの金のデザインだけが発表します。ブランド成立170周年にちなみ、アテネは大明火エナメル盤面の精鋼モデルをもたらしたが、同シリーズに加えて他の3人の精鋼新メンバーは、亮銀モデル(323-363-2/30)、黒盤タイプ(323-363-2/32)、ブルーディスクタイプ(3203-363-2-2/33)と、ブランドの自家製Cal.UN-320型を搭載している。自動上鎖ムーブメント。

 
この時計を見た時、文化のない編集者の頭の中でまず浮かんだ言葉は「美しい」、「やあ、本当に美しい」、「あまりにも美しい」です。そのサイズと外観デザインの組み合わせ(ややラジアンの短い耳、青い盤面、細い9.6 mmの厚さを含む)は優雅で落ち着いた雰囲気を表現しています。40 mmサイズのケースの大きさは手頃で、腕にぴったりとフィットします。文字盤のアンカー模様とケースの側面の標識性の金属牌はアテネの時計の恒久不変の古典的なデザイン元素です。

 
クリアで読みやすい時間表示に加え、6時台には小秒ディスクとカレンダー表示ウィンドウの結合体が設置されており、実用的です。48時間の動力備蓄時間を持ち、ストップ機能も備えています。

 
青い太阳の模様の盘面はとても美しくて、それは全体の时计に独特な质感を与えて、简単にそれを伝统の正装の腕时计と区别します。光の強さと光が盤面に降り注ぐ角度によって、この時計は多様な魅力的な色を見せます。アテネのデザイナーたちはできるだけディスクの上でシンプルで低调な雰囲気を作りたいです。3、9、12時の位置はローマ数字で表示され、残りは棒状の浮き彫りで代替されます。この表はバランス対称性において極致を果たしていると言わざるを得ません。盤面にあるアテネのロゴの中の「U」は7ポイントの時のトップに揃えられています。最後の「N」は5ポイントの時のトップに合わせています。6ポイントの円点から12ポイントのところまで細い直線で伸ばせば、この線はカレンダーから見えます。窓、小秒盤、小秒盤のUN字句、アンカー模様などの真ん中を通り抜けます。