はさみ手に腕時計の組み合わせができないのは残念です

西鉄城光動能表シリーズCB 0011 – 51 L腕時計
石英表の発展の後にまた1項の精確度を高める時計は電波表で、使用価値の上で、精確性は他の一般的な機械表を切ることができる。この腕時計は44ミリの精製の鋼鉄の殻を持っていて、殻が硬くて長持ちし、表盤の外輪は都市の名称で、26の世界の都市時間が表示されます。さらに腕時計は、電池のエネルギー不足を指示し、過剰充電や電力不足を防ぐために時計の正常な動きに影響を与える。もちろん、光動能と電波を結びつけたCB0011 – 51 L腕時計では、一般の石英機軸時計よりも価格が少し高くなり、価格は5900元である。

 

 

西鉄城ECO -ドラフトシリーズAS50 50 – 56 E腕時計
前の1項に比較して、この腕時計は価格の上でいっそう親民になりました。同じ光動能腕時計で、3800元の価格はより多く蓄積していない学生に適しています。腕時計はシンプルで、39ミリのステンレス製の表殻を採用し、頑丈さも硬くしている。円形の黒い表盤には、白い時の目盛りと指針を搭載し、シンプルで普段のデザインがより低調な雰囲気になります。