まろやかな色彩、華やかなダイヤと卓越した性能がファッションの黄金時代のエッセンスを演出します。

オメガ(Omega)Ladmaticの腕時計シリーズは1955年に誕生しました。ファッションの黄金時代のエッセンスを受けて、女性の魅力と優雅な雰囲気が今まで続いています。新たに発表されたオメガ(Omega)Ladmatic女史腕時計シリーズは、ファッション業界の黄金時代のきらびやかなデザインスタイルを持ち、世界で最も優れたメカニカル腕時計のムーブメントを搭載し、オメガ(Omega)の歴史の中で伝説的なモデルであるLadmaticを再現しました。

 
オメガ(Omega)Laddmaticの赤い金の材質の茶色の文字盤のモデルは非常に目立ちます。腕時計は赤色の金の材質から精緻に作られています。まろやかな茶色の文字盤は更に趣を添えて、34ミリの時計のケースを研磨します。茶色のセラミックリングは外輪の装飾の波紋と内側のリングのケースの本体の間にあります。内輪のケース本体はチタン金属を採用しています。

 
ダークブラウンの文字盤には、中央から周囲に向けて発散する太陽光線の模様が飾られています。光研磨の日付ウィンドウは3時位置にあり、他の時間目盛はシングルカットダイヤモンドで表現され、ダイヤモンドの総重量は0.12カラットである。研磨された斜め時計と分針は18 Kの赤色金の材質で、白い夜光コーティングで覆われています。腕時計はどんな光条件でも時間をはっきりと示すことができます。腕時計は18 Kの赤い金の時計の鎖あるいは茶色の皮の時計のバンドを組み合わせることができます。