アジア限定の万宝龍481シリーズの腕時計

万宝竜外置陀飛輪の超薄型腕時計110周年記念品時計の手絵地図は、大西洋を渡るテーマで、互いに違う手描きの地図を110枚限定版の腕時計としてユニークな作品にした。この腕時計は18 kのプラチナに円形の表殻を作り、表盤の上に部分的に手描きの美しいアジア大陸の地図があるが、6時には外置陀飛輪が設けられている。腕時計は裁断の合理的な黒ワニの皮のバンドを組み合わせます。腕時計はデザインが精巧で、仕事は精緻で、優雅である。

 
腕時計の3時位置の表殻の側面は腕時計表の冠を配置して、表冠は頭の側面に穴の紋があります。表冠頭の上に、万宝竜の六角白星のマークをはめ込んだ宝石が美しい。腕時計のバンドは黒ワニの皮の表帯で、裁断が合理的で、エッジは黒の縫いで縫って、バンドに合わせて天然のテクスチャを組み合わせて、上品に見えます。バンドに針式のボタンが入っています。

 
腕時計のプラチナの表面の厚さは1014ミリで、その表面は細やかな放光打研磨処理を経て、側面から見ると、はっきりした階層感が表れています。表盤の12時位置は、ローマのデジタルXIIとメッキの透かし彫りの針を使用して、手絵地図の全景を目底に収めます。表盤退勤の部分に「ジュネーヴ波紋」を飾って、外置陀飛輪を安置しています。表盤外輪には精巧な分度圏があり、赤の「60」と「12」の数字ははっきりと読みやすい。