アテネのこの時計は、表業の明日を表していますか?

数ヶ月前のジュネーヴ展に続いてFreak Xが発売されましたが、最近はアテネでも奇想シリーズの新作「Freak neXt」が発売されました。この表はフリーラジアルをキャンセルし、代わりに特殊な振動子を使用します。これまでにない装置が発表されると、大きな話題を呼んだ。その名の「next」(次)のように、この表も表業の次のページをめくっているようです。

 
時計そのものを言えば、時計を知っている人はみんな知っているはずです。回転輪は時計の心臓で、表の正常運行に動力を提供します。私たちがよく使うフィラメントは、一周ごとに「蚊取り線香」の形に巻きつけられています。フィラメントの間口を開けて、輪を動かします。しかし、Freak neXtはこの心臓を取り除いて、ファンの形に似た振動子を使って代用しました。

 
この発振器の材質はシリコンで、4つのシリコンホイールを積み重ねて構成されています。各シリコンホイールには8つの羽根(羽根の大きさは16ミクロン、このサイズは肉眼で見たくないです)がついています。これらの羽根は真ん中のホイールとつながっています。シリコンの弾性により,各羽根は一定のエネルギーで振動し,それによって動力を生じる。縦断機構もシリコンで作られています。

 
この発振器と拘束機構は「浮遊」するので摩擦力を極端に低減することができる。シリコンの周波数が非常に高いため、この時計の周波数も驚くべき12 Hzに達しています。基本的には伝統的なクルーズサイクルの3倍です。周波数と精度の関係については、これまでの文章で「腕時計の周波数が高いほど正確ですか?」にも紹介されています。とにかく、このような高い周波数は、精度の向上に比類がない。

 
この他にもFreak neXtには「グラインダー」式自動チェーンシステムが適用されており、チェーンアップ効率は通常の双方向チェーンの2倍である。各コンポーネントの間の動きが非常に効率的なため、従来の奇想天外なシリーズよりも高い(周波数が高いほど常動貯蔵が低くなるという話があります)、70時間に達しました。

 
この時計の直径は45 mmで、厚さは14.1 mmで、ケースの材質はプラチナとチタンの金属で、輪と針はすべて夜光のコーティングを持ちます。でも、しばらくは概念表です。量産していません。これまでの経験から、アテネが大胆に発表した以上、量産も遠くないはずです。