アークドロロ玉の髄35ミリ時の小針盤腕時計

玉の髄は人類の歴史の上で最も古い玉石の一つで、わが国は新石器時代において、すでに装飾品として現れており、ある玉の髄は形成の過程の中で結核の中で水と気泡が含まれていることができて、とても面白いです。少数の玉の髄はまた色酔いの効果を備えていて、猫の目の効果、光の照射の下で、多種の奇妙な変化が出ることができます。

 
アークドロ芸術工室の製表の大家たちは、玉の髄を表盤として、アークドロロ玉髄の35ミリ時の小針盤腕時計(Petil Heel 35 mm Chalciony)を設計し、玉の髄を細かく彫った後に、独特の温潤なテクスチャを残して、アークドロ35ミリの表盤の上に、別の風が咲いた採掘には、まるで清の霊と生まれつきのものがあるかのように、見事な彫刻が必要である。天生麗な女性のように、造物の愛着である。俗世の赤粉の飾りに慣れていて、玉の清新な自然はこの腕時計の上で特に俗っぽいことに見えます。この腕時計はプラチナ18 Kのプラチナの表殻を組み合わせて、時計は232粒のダイヤモンドを象眼して、玉の温潤で潤いがあって、プラチナで、ダイヤモンドの映りの下でいっそう俗っぽく見えるように見えて、“美人は玉のようです,玉は美人です”の腕の間にこの腕時計をかぶっていることができて、十分に女の人のほこりの動きの美しさを見せます。