アークドロ18 K金像の小鳥の限定腕時計

アークドロブランドの創始者ピエール・アークドロさんの故郷はスイスの汝ラ(Jura)の谷で、時と自然と調和がとれていて、この製表の天才は故郷の風景と谷中の雀の鳥に対して深い思いをした。18世紀にはアークドロ家族が華奢な時計の装飾の分野であることが明らかになっていて、アークドロはその名が天下いっぱいになったのは、その懐中の表の殻、飾り瓶の置物、鼻たばこの壺、そして鳥のかごの表面にも精巧なエナメルやエナメルの装飾が飾られています。今日になって、アークドロ製表工場はこの独自の手芸を貴重な歴史として伝承している。白い真珠のベナ盤と黒の縞マーナウの2つの腕時計は、すべて18 Kの金鳥の鳥である。

 
古色の古香の黄金の上で簡単な幾何学の線で鳥足の浮き彫りの象形の図案を彫って、象形の図案は古い伝統に由来して、アークの徳はこの芸術の傑作をPetil Hetil Hetie Relief腕時計に与えます。時間盤と分盤により十分な創作空間をもたらす:鳥が黒い縞マーナウの表盤の上に餌を与え、さらに鮮やかな色が注目され、手作りの鳥の浮き彫りの模様が生き生きとしている。