インテリジェント時計独立の標準モードApple Watchさんの体験

まず先に言ってApple Watchシリーズさんのバージョンでは、データによって接続状況やケース素材は全部で4つ、低価格から高順次無セルラーネットアルミニウム合金モデル、セルラーネットアルミニウム合金モデル、蜂の巢のネットステンレスファインセラミックスのネットや蜂の巢。つまり、無セルラーネットワークのバージョンはただ1種の本体材質オプション、蜂の巢のネット版は、3種類の本体材質のオプション。この四項はそれぞれ38mmと42mmケースサイズのオプション。

 
現在のこの手は筆者のハチの巢42mmネットアルミニウム合金モデル、無セルラーネット版との最大の違いは、表の冠の1筋の赤色に。は先代より厚くなったほんの少し、セルラーネットワークバージョンのApple Watchシリーズさんは「赤ちゃん」という身分の特質を表明した。

 
に比べて大して話題の「顔」では、Apple Watchさんの中身は大きなアップグレードシリーズ。新しいプロセッサコードS 3、また1粒の無線信号を担当するというW2チップ。前者の公式からのデータは全体の速度向上70%、後者は第三世代の時計を収集のチップ、それのWatchさんより前世代のワイヤレスネットワーク性能向上85%、効能は50%アップした。筆者のWatchにより、応用を開いて速度の向上火を見るより明らか。