エナメル及び手彫り装飾The Three Aree腕時計

Oliver Ebsteinは伝統的な時計の製作技術に熱中しています。彼はChronos wissブランドを買収して、リューソンに本社を移し、伝統的な工芸を専門とする工場を開設しました。The Three Apps腕時計集機は車の花を刻んで、透かして、そしてエナメルの三項はほとんど伝えられない時計の工芸を一体に買いました。専門的な職人の巧みな手で作って、1924年生産のLaChatchoux-Froude-Froudsを利用しています。作成します。

 
The Three Aspes腕時計の独特なところは多くの伝統工芸技術が集まっています。文字盤の彫刻機は車の模様がとても綺麗で、透明なエナメルの表層を加えて、文字盤の立体感がより強くなります。文字盤の三頭猿の形は人間が病気に直面する時「見ない、言わない、聞かない」という逃げ腰を表しています。

 
文字盤の製作は抜群で、表を通して展示されたムーブメントの構造も堂々としています。手作業でムーブメントの部品を作って、透かした職人の手で一鋸の一眼やすり、透かした副木と底の板を作ってから車の花で処理して、手作業の入念さは感心させられます。腕時計の前後の装飾技術は優美で素晴らしいです。