エミロン氷峰シリーズ青盤腕時計

腕時計精鋼の直径は直径40ミリで、磨きをかけた後に角がはっきりしていて、きれいです。

 
3次元スタイルの表盤の外形は美しく、時計の歯車に似ている。そのデザインの趣旨は、自然を畏れる雄大な雄大さである。起伏の落ちる表盤の上で、峰は時計の針の方向に沿って分布していて、内の表輪の上の険しい角は時針の方向に沿って分布して、腕時計を真っ白な氷の峰に変えた。高原や湖面のように、ローマの数字は厚い雪を覆っているようで、暗闇の中できらきらと光っています。時計の日付は3時位置に位置しています。

 
腕時計はEC 947型の機軸を搭載しており、保障時には正確である。時間と日付を兼ね備えて、腕時計のために中身の魅力を加えます。

 
青色のPU帯を搭載しており、洗練されていて、スポーツの息吹が十分で、表盤と完璧に融合し、腕時計の独特な風貌を見せる。