エルメスアーサーシリーズL’here de la lune月読タイムリスト

エルメスはいつも革新的な手法で伝統的な複雑な機能を説明するのが好きです。このL’heure de la luneは月時計を読んで、独特な角度で月を眺めて、同時に北半球と南半球の月の満ち欠けを表示します。

 
隕石や砂金の文字盤には、盤面を回る移動の表示時間を示す2つの副表があり、12時の月相盤には「夢のホームシック-イラストレーター」Dimitri Rybergenkoで描かれた飛馬が描かれています。これはPleinLune(満月)という飛馬模様で、盤面の反対側の6時位置には、北半球から月の観測が反映されます。ボールの表面聞くところによると、この月は時計の隕石の面盤と砂金の石の面盤を読んでそれぞれ限定的に100枚発行します。