オックスイヤーテーマウォッチ:アーノルド&サンパーペチュアルムーンオックスムーンフェイズの年

月の丑の新年を祝うために、スイスの時計工場アーノルド&サンは、金の彫刻とマイクロペイント技術により、このクラフトダイヤルワーク「パーペチュアルムーンイヤーオブザオックス」ムーンフェイズウォッチを特別に立ち上げ、詩的なものを生み出しましたダイヤルの「月を見ているトーラス」画面では、正確なムーンフェイズ機能は122年に1回だけ調整する必要があります。

 

新しい文字盤はスペキュラーヘマタイトでできており、この黒い鉱物は自然なフレークテクスチャーを持っています。研磨後、深夜の空の星のように銀色の金属スポットが点滅します。文字盤の半分のスペースを占める超大型ムーンフェイズディスク。マザーオブパールの「ムーン」は白色蛍光材でコーティングされており、暗い環境でも明るい「ムーンライト」を放ちます。

 

文字盤の6時位置にゴールドの刻印入り「バッファロー」が立っており、その姿勢はアクティブで力強い。ロレックスレプリカ文字盤の背景は金粉で塗装されたパビリオンで、窓の格子も「月」と重なる蛍光素材で埋め尽くされ、「高層ビルに明るい月が輝いている」という詩的なシーンを演出しています。ストリーマーはさまよう」。デザインはユニークで独創的です。

 

42mmローズゴールドケースには、21600vphのスイング周波数と90時間のパワーリザーブを備えたキャリバーA&S1512手巻きムーブメントが装備されています。このムーブメントの裏側にも、秒針のムーンフェイズディスクが装備されていることは特筆に値します。