クール中の小清新、イタリアのアンノムからのWR特別版

イタリアの軍事的な血筋を持つ腕時計といえば、周知のように並納海である。実はペナミのほか、フィレンツェからのアンノムと同様に純正なイタリアの血統がある。1997年には、イタリア海軍の計器を供給してきたペーナ海が、ゴッホグループ(現在の暦峰)に買収され、本部もスイスに引っ越し、残された職人はアンノムを創建した。今日見たいこの腕時計はアンノムから。

 
この腕時計は、アンノムMiliter ChronogppのWR特別版として、アンノムがパートナーであるWR(ワールドカーラッド選手権)の特別な腕時計である。昨年1月、WRイタリア駅の公式時計になることを確認したアンノム。

 
2018年6月7日から10日にかけて、世界自動車ラリー(WR)第7駅の試合がイタリア・サルデーニャで行われた。この3日間の激しい試合を経て、現代の車隊のベルギーの車手ノイビールは、総成績の0.7秒の優勢でオギルに勝利し、優勝した。現場のアンモンの標識。