コンスデンアルトDセイクシリーズが華麗に帰ってきます。

ジュネーヴ、2019年1月11日-カンスドンは創始以来、クラシックな味わいのある美しさを表現する時計を作ることに力を尽くしています。腕時計は美しくて優雅で信頼性の高い優れた品質を持っています。

 
新しいクラシカル・アーム時計は、コンスデンの「負担できる贅沢」の理念を引き継ぎ、スイス製の精巧な時計を100%多くの人に提供しています。

 
この新シリーズのすべての腕時計はFC-200クオーツムーブメントを搭載しています。ムーブメントには宝石の軸受が7つあり、電池の寿命は5年(63カ月)を超えており、正確で信頼性が高い。丹念に磨き上げた楕円形のケースは、細い腕の間にフィットします。
このシリーズの特徴はまた、アーチ型サファイア水晶の時計鏡、時、分表示機能を含み、文字盤の中央にツイストの紋様があります。

 
現代の素材と復古の美学が調和しており、この腕時計は独特のファッションアクセサリーになります。精巧な楕円形のケースは白色または紺色の真珠の母貝の文字盤のねじり模様に呼応して、優雅なバラの金や銀色のステッカーをめっきして、黒色のプリントでローマ数字とダイヤモンドを作る時の標識はすべて康斯登の時計師の霊感を与える復古の風格を表しています。精巧な溝の外側は青いサファイアを飾った表冠と相まって、この腕時計は理想的な日常のパートナーとなっています。

 
コンスデンはシンプルでクラシカルで優雅な腕時計で女性らしい雰囲気を表現しています。