シチズン光エネルギーシリーズBM 6750-08 A

ご存知のように、日本の表の成績は機械表だけではないです。たとえば西鉄城は、光運動エネルギーを中心とした技術で一面の江山を作り出しました。光運動エネルギーはあらゆる可視光源を吸収し、運動エネルギーに変換して腕時計の動きを促進する。普通の石英電池を使わないで、環境汚染を防止できます。また、定期的に電池を交換する必要がないので、腕時計は十分に電気がある状態で、ムーブメントの型番によって、暗闇の中で正常に何ヶ月から10年も運行しています。とても便利です。

 
このシチズンの光運動エネルギーは大きさが38 mmで、厚さが7 mmで、サファイアの鏡を採用して、ストリップの目盛り、白色の文字盤は優雅で気前が良くて、ケースの研磨も比較的に精致です。内部に搭載された光動エネルギームーブメントは、航続能力が10~15年と実用的です。