シャネル/博物館級の芸術品

シャネルは昨年、ニューヨークでは珍しいトップ工芸を発表し、ジュエリーや植絵の殿堂入りを発表した。実は、植絵工芸は日本では、装飾品を装飾するために使われていたほか、ずっとジュエリーアクセサリーやトップクラスに使われていました。シャネルも、東洋工芸を試みたヨーロッパのトップクラスのジュエリーブランドでもあり、2014年にはMerMoiselle Priselle Priselleの絵腕時計を発表して再運用している。

 
この3枚のジュエリーは、シャネルの定番のデザイン要素をテーマに、日本の有名な植絵師の岡田雄志(YuyOkda)を招待したのは、植絵ジュエリーを初めて作ったのは珍しい。高齢の70歳の岡田は、アメリカの大都会博物館やデンバー美術館などの博物館の典蔵が多く含まれています。今回の創作も、彼が得意とする「螺鈿」という手法を採用し、漆器には異なる品種の真珠母貝を象眼して、比較的珍しい植絵工芸である。