ショック!STATCHは、フレーク腕時計で時計業を覆す

SATCHは2月14日のバレンタインデーに選ばれ、ブランド本部では、世界初の抗磁性遊糸Nivachronを採用した腕時計「フロンガー」を発表した。

 
昨年、ヘルパーグループとエベンスの共同研が新たな抗磁性遊糸Nivachronを出していたが、当時は時計産業全体を驚かせた。すべての人が期待しているのは、一体、高級腕時計ブランドが多く、誰が率先して採用するのか。しかし、多くの人が眼鏡を割ってしまったのは、今年のグループでは、平価表に位置付けられていたSyMaccの腕時計で、この技術を使って話題を呼んでいる。また、発表された記者会見では、グループのニークハイエーク氏が自ら司会をし、新製品に対する重視を示した。

 
フロンガーシリーズは、最も先進的な抗磁性遊線技術を採用していません。さらに、sistm 51表に同門をつけて、既存の機軸の裏を正面に反転させ、さらにこの表の特別を際立たせます。しかし、関連した技術を克服するためには、元の51個の部品のもとに、15の部品が新たに新設され、動力を90時間貯蔵するなどの特色は変わらない。しかし12時の方向に、針に逆らう針が多くなって、機軸を反転させるのが特徴で、透かし彫りのデザインもこの時計で、人に無視できない部分である。

 
このシリーズは、ステンレスとバラ金PVDのケースが用意されており、黒、赤と青色の3種類のバンドバンドを提供し、それぞれ500匹を限定し、専属のコレクションを提供している。最速は4月30日に全世界で統一販売を行っており、ブランド創意総監のCarlo Giordanettiは、この日はハイズさんの誕生日であることを意味していると説明した。今年9月1日以降に生産されたsistm 51腕時計も、Nivachron合金を使って、価格も調整しすぎず、消費者にとって大きな利益になるだろう。