ショパンは長期にわたり栽培を耕して芸術を作ります

そして一番早く時計の面の上で植絵の工芸を応用したのは、実はショパンです。

 
2008年、ショパンは日本地域限定でわずかにL . U . C . C . Urushuの絵腕表を出したが、反応が悪いため、全世界で発表された。宇宙基本要素「5行」に対応する霊獣、「四君子」を代表する植物のメラン菊など、毎年、中国の十二支のテーマ腕時計が定着している。

 
ショパンの植絵腕表面盤は、日本の皇室御用で国宝の漆器製造商山田平安堂(Yamera Heiano)と提携しており、日本では「人間国宝級」といわれる漆芸師の増村紀一郎さんが図案をデザインし、現代の絵師の小泉三教の手である画風は活発で、細部は豊かである。腕時計はショパンL . U . C XPの超薄型自動化の機軸を採用している。