シンプルそうな「表情」の裏には豊かな味がする

ショパンL . U . Cシリーズ16000 – 1001腕時計
この時計は簡単に見えるが非常に特殊で、まず表殻は貴金属で、磨きをかけて磨き、弧の形をしている、経典腕時計のデザイン。次に、表盤の中心の手の玉の透かしの蜂の巣の図案、適切な組み合わせに適していて、腕時計のためにいくつかの個性化の装飾を増加して、幾何芸術の美感を増加します。また、機軸はショパンの自作の96.0 1 – Lの自動機のコアで、金質のミニ自動陀、機械のコアは首に屈して、ジュネーヴの印を持っていて、機軸はまた天文台の認証を経ています。その配置の高さを認めざるを得ない。また、軍官の底蓋も設計されていて、手抜きで古典的な味がします。最後に、腕時計は100枚限定。そのため、このような定価は、明らかに低かったもので、求められない腕時計に属している。

 
伯爵アルマPLANOシリーズG 04 2800腕時計
アティプラノシリーズは、60周年を迎え、そのために多くの時計金が発売され、その中には2つの特徴があり、1つは超薄型で、一つは色が豊富で、もちろんすべて貴金属を採用するのは間違いない。この腕時計は1金で、直径38ミリ、大サイズのものもあり、表径は43ミリだった。この腕時計は18 Kのプラチナを採用しており、同様にDres watCH設計で、非常に簡単で、青い太陽の紋の処理、古典的なクロスフレームのデザイン、超薄型430 Pマニュアルチェーンのコア、限定460枚。