スイスは初めて石英のコアを開発したのですか?

歴史をさかのぼると、スイスが石英のコアを開発したのは確かに日本より早い。1962年には、スイスは、Rolex、Patek Phrepe、Omga、IWC、Jung、Pigetなど20のブランドが、Swistatel Electon Electoniece Horloer(CH)を中心に設立されており、力を合わせて開発することができます。4年後には、8 , 192 Hzの石英回路板のCal .ベタ- 1のエンジンコアを採用し、翌年の2代目のコアも、誤差度を毎月±5秒まで下げることに成功した。同じく1969年に時計ファンの知らないCal . Beta 21が誕生したが、初年生産の6 , 000枚のココアが各ブランドに分けて使われている。

 
体積が大きいため、消費電力が驚異的で、その上価格はフィッフルではなく、ヨーロッパでは普及しなかった。その後、RolexとOmgaが補佐し、自宅で石英技術を開発し、前者のOystercartzと後者のメガクアツ2.4カ国は、いずれも古典的な石英の機軸として知られている。特にヒノキを提げて、その年に独自に電子技術研究部門を開設し、1己の力で32 , 768ヶ所を震動したS – 30石英のコアを研究していたが、史上初のニューヨーク天文台の静的およびダイナミックテストを経た石英表で、業界は今までの基準である。