ステンレスの表面にさびが出てきた

腕時計を作るステンレスの種類はたくさんありますが、その主な成分の金属元素は、強酸強アルカリの浸食を受けやすく、人体から排出される汗には酸性の成分が含まれています。時計をつけているときは、腕時計がよく汗に染み込まれ、完全にタイムリーな処理をしないと、バンドの部分はさびが出る。これは、ステンレスの中に存在する元素と漂白剤、塗り直し液、化学試験剤、化粧品などの物質に接触したためである。