チャーチルVictoryの世界を評価する時の懐中時計

前イギリスのチャーチル元首相が所有していたビクターワールドの時計が今週ロンドンで競売にかけられ、48.5万ポンドの高値で値下がりしました。コピー時計第二次世界大戦後、中立国のスイスは同盟国の4人の指導者、チャーチル、ドゴール、スターリン、トルーマンにそれぞれ懐中時計をプレゼントしました。ヨーロッパの勝利日を記念して、このビクター懐中時計はその中の一つです。

 
46 mmのケースは18 Kの金でできています。文字盤は絞糸エナメル工芸を採用しています。聖ジョージが竜を斬る模様が描かれています。正義が悪に打ち勝つことを象徴しています。表の背には世界地図が描かれ、勝利を象徴する「V」の字で囲まれ、表の背の端には「1939–Prime Minister Winston Spencer-1945」の文字が刻まれています。

 
この懐中時計は1945年に作られました。「世界時」機能の発明者であるルイズ・コテージとスイスのタブメーカーであるAgassiz and Co.との提携によって設計されました。文字盤の外周は各タイムゾーンの44の都市に対応しています。その中にアデン湾(Aden)、セイロン、サイゴン(Saigon、現在はホーチミン市)、北京(Peking)、シュナイダーウェイ、シュナイダーランドなどがあります。都市は第二次世界大戦を記念するために特別に追加されました。

 
チャーチルは1965年に亡くなるまでVictoryの懐中時計を大切に保管していましたが、その後この記念の懐中ウブロコピー時計は家族の中で23年にわたって伝えられ、1998年にソブリーロンドンオークションに登場しました。