ティソは十月革命百年の歳月を

「新しいものを創造する時代感」が今年はバーゼル時計展第ひゃく年から参加して、第1回のティソ表(Tissot)もちろんそのために発売記念表の、それは愛称は「バナナ表」の王子経典シリーズ。表の項からインスピレーション1916年に1項の輸出ロシアのゴールド?腕時計、スイス総工場送り修理、思いがけず一年ソヴィエト政府十月革命勃発後、社会主義の台頭、金の時計の輸入を厳格に制限はないので、この表を送っロシア、选んでこの一年発売復刻項も新しいものを創造するの意味。

 
なぜバナナ表と呼ばれ、外観から援用原型に表の設計、弧面の曲げケース、装着時が密着腕に似ているため名声を得て、バナナ。因応長い形形ダイヤル分布て大きさのない数字表示ルールに加え、復古大文字フォントのブランドロゴがあって、人に忘れがたいの「表」情、一世紀前の時代感を再現する。