ドイツ時計の明日の星:Moritz Grosmann

現在の運動表は主流で、金鷹、水鬼、または安価ないわゆる「敬礼の時計」に関わらず、消費者の心の中にはほとんどクラシックモデルの存在がありません。コミュニティのウェブサイトの多様な情報は多くの優れた技術を持つブランドを水没させましたが、Moritz Groossmannはこの二年間で突起しています。高級ブランドの中で目を輝かせて、業界の明日の星になります。

 
1826年3月にMoritz Groossmannはドレストンの小学校を卒業した後、すぐ時計の訓練を受けました。数年後、時計生活を経験しました。優れた時計技術と新しい知識を持って、1854年にドレストンで時計工房を創立しました。時計、航海天文懐中時計、精密測定器の製造に長じていますが、1878年にドイツの時計学校を設立し、時計技術と情報の提供に協力して、現地の時計に最大の貢献をしました。2008年に会社は再びゲーラに設立されました。新しい工場は2013年6月に完成しました。最新のタブ設備を導入して、伝統的な表工芸を結合して、ドイツ風とクラシックな表を作っています。

 
Moritz Groossmannは現在最も複雑な性能はドラフトの腕時計です。今回オススメするBenu Power Reseveはドラフトの性能に劣るデザインです。ほとんどブランドの技術の精髄の代表作です。独立したタブブランドは大体二つあります。一つはクリエイティブテクノロジーで、外側の形がちょっと前衛的で、もう一つは古典主義派で、Moritz Groossmanは後者に属しています。優雅で味わいのあるデザインがあります。ムーブメントの部分には主に100と102のシリーズがあります。前者の振動周波数は18,000で、2階建てのフィラメントを搭載しています。後者は21,600で、フラットなフィラメントを使用しています。二層の遊糸の長所は摆輪の等時性に優れ、冬と夏の遊糸の収縮と膨張は空間があり、各方位は力点平均を受け、方向差が低く、時間の正確性が優れており、工芸技術の観点から言えば、制作の難しさがより高い。