バンダイは身売りしますか?

先日、ブルームバーグニュースによりますと、バンダイは買収される可能性が高いということです。ある消息筋によると、最終的な買い付け価格は70億ユーロから90億ユーロの間で、600億元余りの人民元と推定されている。

 
百達翡翠は180年以上の歴史を持っていますが、今の時計業界は揺るがない地位を持っています。これを司っているのはスデン家族です。ブランドを売るかどうかは、これまで家族関係者の態度が曖昧でした。2014年には、PP総裁だったテリー・スターンが税金の負担が高すぎると公言しています。このままでは、ジュネーヴを離れたり、売ったりすると警告しています。彼はまた、もし家族の次の世代が時計事業に興味がないなら、彼は彼らに引き継ぐように強制することはないと述べました。この百年ブランドの未来はますます不透明になりました。

 
今、PPが“身を売る”という噂が再び出てきました。完全に穴場から来たわけではないかもしれません。バンダイが象徴する文化的な意味合いに鑑みて、買収が実現すれば、影響を受けるのはビジネスの場だけではなく、時計文化全体も含まれています。その時、PPの経営策略とブランドの格調は変化が発生しますか?他の独立したタブの単位はどうなりますか?これらは全部未解決の問題です。

 
でも、ここでちょっと冷たい水をかけます。純粋に投資家の構造から見ると、百達翡翠は現在の年間生産量は5.8万枚で、年間売上高は15億スイスフランぐらいと比べて、600億人民元の買い付け価格はきっと高すぎます。万が一話がまとまったら…これは誰もはっきりとは言えない。

 
今の業界の構造から見れば、スウィッチグループとエフェピークグループはかなりの可能性があります。クラウドグループとLVMHグループを開くのも機会があります。

 
今回のうわさについて、どう思いますか?