バーゼル展緑盤の新表を包んで見る

豪利時の大表冠シリーズ指針式カレンダー時計
航空シリーズでは、豪利で最も古典的な大表冠(Big Crown)シリーズが、今年もカラーゲームに参加している。盤面にはスーパー文芸の色、ミント緑。表殻には精製鋼と銅の材質があり、36 mmです。大3針帯カレンダー、内部にSerita SW 200 – 1からのCal改良を搭載。754機軸。銅の殻はベルトだけで、価格は12、500人民元、鋼鉄の殻にはチェーンが2種類あり、ベルト金10、800元、鉄帯金12、400人民元。文芸派も復古派にも魅力があり、豪利になる可能性が高いと信じている。

 
ヘンリーが慕う時の先駆者大三針腕時計宇宙緑版
ヘンリーがあこがれた時のこの新品は、通常の設計で、表殻の直径は42.8 mmで、材質は精鋼、防水の深さは120 mに達して、時計金はHS 200自動上のチェーンコアを搭載して、少なくとも3日の動力の貯蔵を提供します。針に夜光をつける。注目すべきは、これは先駆者シリーズの初の宇宙グリーンの表盤である。

 
ゲーラソディオリジナル復古シリーズ60年代の大カレンダー腕時計
カラーモデルは、60年代に発売されて以来、注目を集めています。今年の60年代シリーズの2つの新金は、復古緑の漸変盤を使って、1年限定で供給されています。この特殊な盤面では、ゲーラソディのオリジナルはドイツプフォルツハイムの表盤製造工場で、その年の骨董品オリジナルツールから圧殺された。精密鋼の表殻の直径は42 mmで、防水の深さは30メートルに達して、針の部分はスーパー- Lamichvaの夜光材料を覆して、自動的なチェーンのコアを搭載します。大カレンダーは81、000元、カレンダーは59、500人民元を販売していません。