パテックフィリップからの贈り物

は例年のバーゼル表展で、パテックフィリップの時計はいつも目を引く。両方からは機械時計の上の造詣も形から審美の角度の上に恵まれた実力を持っている。今年は表展のフィリップ、一如へ続く人目を引きつけている。私から見れば、比較的たいのは1匹の復古の万年時計历月相。

 
2017年は時計復古する風格が濃厚な一年、これもフィリップが得意な腕時計スタイルの一つ。これは、今年表展に投入するこのRef . 5320G万年暦月相カレンダー時計。この腕時計のすべての細かい点は非常にすばらしいものだ。表から見るだけで耳が黒い表現、「三段デザイン」が立体表耳が持っているとの角に旺盛な質感と、ぱっと見は強烈なレベルの感を持っている。そのしわまるで腕時計ダブルベゼル完璧と相まって、全体の色が強く、明らかである時計職人製造この時計は下のカンフーと火加減。

 
踏襲1941年以来フィリップ時計の一貫したシンボル性万年暦文字盤レイアウト(日付月ダブル。、ポインター日付表示補助文字盤と月相表示。)。この基礎の上で訪れるた昼夜表示窓と閏年サイクル。は、2つの小さな機能盤の配置、ぴったり経典の文字盤で形成した二つの「小さいえくぼ」が、全体としては非常に喜びを求め。また、特製のアーチ表鏡も全体のイメージを引き立たせる腕時計の鍵、乳白文字盤の各機能指針は、立体感が2拍子。その代わりに、腕時計が深層度の一面の面でもある。