パテックフィリップアクアノート5968の質感は、平均的なスポーツウォッチよりもはるかに高い

必ず貴金属ケースを使用する2017年記念モデルとは異なり、今回はRef.5968Aがシリーズポジショニングに対応したステンレス素材に戻り、計時スタートボタンとゼロリセットボタンを追加することで、クラウンショルダーガードの外観を視覚化。少し見下ろし(実際は錯覚)、操作しやすいように大きな長方形のデザインが採用されています。通常のスポーツウォッチよりもはるかに洗練されています。たとえば、ケースの表面は研磨とサテンに交互に磨かれています。磨き上げ、複数カットによる豊かな立体感をプラスし、通常のスポーツウォッチには合いにくい高さです。

 

一連のラジアルエンボスパターンには文字盤の文字盤が不可欠ですが、Ref。5968Aで使用されている黒い表面の効果が緩やかで、時計にモダンな感じを与えています。時計の新しいクロノグラフ機能により、6時方向の60分のスコアリングダイアル、中軸クロノグラフの秒針、およびクロノグラフスケールがダイアルの周りのスケールリング部分に追加されました。興味深いことに、これらの新しく追加された詳細は、オレンジの使用と一致しています。これは、黒のグラデーションの背景で特に目立ちます。このクロノグラフとほとんどのクロノグラフの違いは、時間カウンターとスモールセコンドダイヤルを直接破棄することです。この段階では、同様の双眼鏡または3眼デザインがまだ一般的なクロノグラフの構成ですが、実用的です。実際、それはそれほど絶対的なものではないため、パテックフィリップはこれらの負担を大胆に取り除き、アクアノートの最初のクロノグラフが最も明確なジェスチャーで独自の認識をすばやく確立できるようにしました。

 

Ref.5968Aはノーチラスシリーズなどに採用されているCH 28-520 Cの自動巻きムーブメントを搭載しているため、パテックフィリップがお馴染みの方には馴染みがあり、従来のコラムホイールを搭載しています。同時に、比較的最近の垂直クラッチ機構の発明と組み合わせて、理論的には、タイミング機能が作動したときの手ぶれの現象を回避できます。また、垂直クラッチは部品間の摩擦を最小限にできるため、中軸クロノグラフ秒針を使用しても大きな秒針なので、ムーブメント部分の磨耗を加速させず、安心してご使用いただけます(このため、一般的なクロノグラフのように、小さな秒針の時計とは異なります)。また、CH 28-520 Cのタイミングはフライバック機能を備えており、連続的なタイミングが求められるため実用性は比較的高く、全体としてアクアノートのタイミング機能は初体験の条件をすべて備えているため、PPスポーツウォッチが好まれます。もう一度撮影する理由があります。