パテックフィリップ繁雑工程を完璧に

基本的に時報表に声を出して、透過金属音打つ音バネ鎚生まれ、一般的にアラーム音が入念で、平穏と鳥とみなされては最高のため、この部分の調整と制作にくい透過機械に任せるのではなく、パテックフィリップトップ複雑時計部門のベテランの職人、調整することができる音のバネの音質の前には、必ずは音のバネ安定装置はムーブメントに起動音鎚向かい合いまして、絶対音感を調整して鳴らす音質、もしも声には至っていないのが完璧で、しなければならないのは音のバネ解体、削ら少しの金属、トリミング2音バネの反り、再テスト、組み立て、打つ、分解やリメイクスプリング、これらのプログラムが持続可能な数日~数周之久。

 
パテックフィリップの3問時報表はベテランの職人達人で「耳」以外にも検査、音質の良し悪しを受けて科学的な検査、任せ総裁を前に、品管部門はとっくに創立は1種の3問表項が分析の技術について、週波数、調和度などの標準によって判断し、それぞれ一匹を通っ防音室のサウンド収録で、更にその収録の声としてより前の音を確保するために、すべてのフィリップ3問時報時計も一緻の音質アーキテクチャ。そのため、普通は、制作の必要の200から300時間がないならば、音質の標準に達して、これが増える日数、もし再度必要の組み立て、製造過程には500時間程度。