フラッグの名表が複雑な前衛で、簡素化

金爵シリーズは、GANKO仏爵「古典を伝承する人生」の精神を継承しており、ファッション・前衛のデザインと耐久性の高い性能がマーク的な特徴となっている。目を引く6柱のハブは大胆なデザインを呈し、放射性の分布は濃厚な動感の覇気に満ちていて、軽野車を操る時の豪快な打ち切りを連想させる。ホイール表面には、質感のある黒いコーティングをしており、外輪の腹黒な色調と相まって、電気のIP金全体のコントラストが際立っている。

 
表盤外輪は60分のカウントダウンを搭載して、時計の視覚感覚を革新して、自動車の計器盤のようにも似ていて、自動車と腕時計と機械美学の共性を暗喩にする。44 mmの大きな表盤で、3つの針に合わせて、アイデアや趣味に満ちた新一季の腕時計を使いこなしている。

 
フラッグローションの秒針として、赤い飾り端を巧みに駆使し、繊細な利剣のように、より前衛、簡素化、より機械感のあるデザインを作ります。サファイアガラスの時計ミラーは、表のはっきりした読みと耐久性を確保しました。