ブランパンDamasquinage金銀糸象眼腕時計

金銀糸象眼技法最古の起源は中国伝来ダマスカス導入後は続々とペルシャ、インドスペイン托利など、運用金銀糸象眼技法(も日本を波形模様エッチング(damascening)」や「鍛造錦術(Damaskeening)」)の記録のための装飾芸術、代表しているのは精緻な手彫り芸の歴史資産。この技術の技術をよく使用すべき戦争物、刀剣と甲冑などの物品に配布させ、濃厚な異国情緒。ブランパン今回はこれを飾っている伝奇性の手作り技芸完璧に再現して時計の文字盤の上に。

 
ブランパンDamasquinage金銀糸象眼腕時計シリーズはそのトップ手作りの芸術の作品の面盤。面盤自体に純チタン制を採用しGrade。金竜彫刻模様のまったく根拠を伝統的な技法。まずは手は表面上する模様アーキテクチャは、それを24K純金ハンマーに刻み溝の中。そして表面トス磨平らげる後、模様がいかなる装飾技法とは比べ物にならない光が眩しい、また輝く深長。