ブルガリの蛇に対する「厚い愛」

前世紀の40年代、ブルガリは黄金を材質とする蛇の形のガガミラノスーパーコピー腕時計を押して、蛇の頭と蛇の尾は精巧なダイヤで象眼して、蛇の体は手作業で幾重にも取り囲んで伸び縮みがある管の形の設計を備えます。蛇の腕時計が大人気です。これを機にブランドは高級な表の分野に進出します。その後蛇はSerpentiシリーズの腕時計デザイナーの霊感の源となりました。次の時間に、このシリーズのモデルはますます多彩になりました。いろいろな興味深いケースと文字盤のデザインを探求してみました。

 
Serpentiシリーズは蛇の力とイメージからインスピレーションを汲み取り、知恵、生命、永遠のシンボルを表し、魅惑的な現代美を伝えています。60年代、ブルガリは初めて蛇の形をリアルに表現し、さらに古い伝統との継承を強調しました。蛇の頭の下に表殻を隠して、蛇の頭の中の上の部分に金属製のバックルカバーがあります。その後の蛇の形の腕時計はますます簡単になりました。ブルガリの自然要素を風格的に表現するのが上手であることを証明しています。これもブルガリの1970年代初期の核心テーマです。