ブレゲはっきり玲瓏含蕴味わいがある

ブレゲ経典シリーズはこれまで「ブレゲスタイル」の代表作の一つで、手作り鐫刻ダイヤル肉感的は示されるし。ブレゲ経典シリーズLe R E veil du Tsar Classique 5707響を腕時計は玑透かし模様を刻むの集大成者共に刻まれたフェイス七種類の柄。主な文字盤タイトルパリ釘飾紋が浮き彫りに表の卓越した気質、時間圏の滑らかな環飾紋と分圏のレース飾紋精緻、巧妙に人の副フェイスさん彫刻のダイヤモンド点紋入念気前が良くて、きゅう、く時位副文字盤が古典上かご織柄、と下の炎に互いに映える紋生活の楽しみ、しなやかで美しい。ろく時位小秒盤に刻まれ円形大麦飾紋、展示文字盤の精密なレベル、卓尔非凡。

 
ブレゲ経典シリーズClassique 3137も玑粘カット・工芸の優れたもので、主な文字盤に刻まれパリ釘飾紋、動力貯蔵表示飾独特の丸い大麦紋、小さな秒針文字盤と月相表示飾古典かご織柄、すてき、時間圏の滑らかな環飾紋と分圏のレース飾紋は精巧で、全体の表金は玑粘模様を刻むのは完璧に現れ。