ブレゲ独特な風格、融合理性美感

薄型陀のはずみ車の直径42ミリのブレゲ時計ブランド表を融合させた多種の経典標識:手作りを刻む文字盤、ブレゲ藍鋼指針、独立溶接式表耳、貨幣飾紋ケース外縁、独立番号、および隠しサイン。この純粋なブレゲ時計の誕生、再び演繹したブランドは優雅と性能を完璧に融合。

 
過去2世は今、ブレゲするブランドの創始者創製の帯透かし彫り偏心「月形」は針の先の有名な指針。このがエレガントな指針約に1783年設計、新規登場すなわち大人気。以来、「ブレゲ指針」(Breguet hands)となるタブ業の固有名詞。ブレゲ指針簡潔読みは、各ブレゲ時計の必須の特色になって、もっと他の多くのブランドが真似の対象。5377 Classique Tourbillon Extra-plat Automatique陀フライホイール自動的に腕時計を例にもれないするこの経典標識。

 
腕時計のバンドとしてのコンポーネントをケースにつながったと表耳も体現したパーセントのブレゲスタイル。ブレゲはネジ栓に常用のスプリングレバー、バンドに固定して表耳の間に、きれいな穏固丈夫で、令のブロックに腕時計を更に備えて経典の美しさ。この他、チェーン軸の鳩目は、精確制、ケースが高さ防水性能を確保することができる。