ベル&ロスBR X1 RS17スケルトンクロノグラフ

これら2つの時計は、Bell&Rossの「BR X1 RS17」シリーズのものです。中空のクロノグラフは、今年バーゼルワールドで新たに発表された作品です。デザインは、F1レーシングカーからインスピレーションを得ています。文字盤には、12の異なる色を使用しています。レーシングホイールのマルチカラーコントロールのようなカラーブロックは、クロノグラフの針とボタンに最も目を引く黄色で強調されています。

 

 

45mm×45mmの時計ケースは、「ブラックセラミック」と「鍛造カーボン」の合成素材(CarboneForgé)でできており、レーシングカーのシェルにも使用されています。鍛造カーボンの表面に独特のカーボンファイバーテクスチャが見られます。ロッカークロノグラフボタンとベゼルは、レーシングタイヤの素材と同様にゴムで作られています。

 

 

中空の文字盤のレイアウトは少し複雑です。3時位置は緑のスモールセコンド文字盤、6時位置は赤いカレンダーウィンドウ、9時位置は「レーシングホイール」の形をした30分カウンターです。グレーのサファイアクリスタルを通して、デジタルカレンダープレートやその他のコンポーネントを見ることができ、文字盤の目盛りの後に大きな白いアラビア数字、12色の目盛りリング、最も外側のタキメーターの目盛りリングが続きます。

 

 

ETA 2894-2に基づくキャリバーBR-CAL.313自動巻きムーブメントを搭載し、42時間のパワーと28800vphのスイング周波数を提供します。 100メートルまで防水。ラバーストラップの外側には、耐摩耗性を向上させ、ケースの素材を反映させるために、炭素繊維層が縫い付けられています。