ポルトフィーノ手巻きトゥールビヨンレトログラードウォッチ

ポルトフィーノ手巻きトゥールビヨンレトログラードウォッチ(IW516501)は、トゥールビヨンを搭載した最初のポルトフィーノ時計です。 バランスホイール、爪レバー、ガンギ車は同じトゥールビロンフレームに組み込まれており、1分に1回軸を中心に回転します。 新開発の「ストップトゥールビヨン」は、時計の時刻設定を秒単位で正確にします。 IWCはまた、爪レバーとガンギ車の幾何学的構造を改善し、ダイヤモンドコーティングされたシリコンパーツを使用して摩擦を減らしたため、59900の手巻きムーブメントは、フルストリングの後に最大8日間のパワーリザーブを提供できます。

 

銀メッキの文字盤は、金メッキの手と本物の金を塗った時間マーカーで装飾されており、トゥールビヨンと完全に一致する逆行日付表示とパワーリザーブ表示を提供します。 ケースは18Kレッドゴールド製で、裏側のサファイアクリスタルを通して、ジュネーブストライプで飾られた59900手巻きムーブメントを鑑賞できます。 この時計は、サントーニダークブラウンアリゲーターレザーストラップとペアになっています。