マークジェニプロローグWDTウォッチ:進化

「WDT」サブダイヤルの右側にある4時位置に機能選択キーがあり、そこから設定をはっきりと見ることができ、このリシャールミルコピー特殊回転ケースの動きを判別して巻き取り機能を実現できます。機能選択キーのクリック音が安心で、回転する円で時刻を合わせる方法が非常に触覚的であり、両者の組み合わせが時計の巻きをリラックスしたエンターテインメントにしています。

 

この時計のケースは、磨かれたステンレス鋼で作られていて、直径44 mmで、非常にスポーティーです。 )

「プロローグWDTは自然な進化の結果です。エレガントでスポーティで個性的な珍しい時計であり、プロローグシリーズを大幅に充実させています。」

マークジェニはまた、「スイス製」のコンセプトをさらに深め、ブランドの時計の主要部品の製造サイトを同社の公式ウェブサイトに公開したいと考えていました。このようにして、ほとんどの部品が有名なスイスの時計製造地域(ジュネーブ、ラショードフォン、フルリエ、ルノワールモン…)からのものであることがわかりました。しかし、会社がチューリッヒに本社を置くのは奇妙です。