モザイクの腕時計を少し話します。

伯爵のマイクロモザイクガラス腕時計
この時計は伯爵のロレックスコピー時計工場が18世紀の巨匠級の工芸を受け継ぐローマのマイクロモザイクの巨匠Csare Bellaを招待して2013年に丹念に作り上げたもので、時計盤の上のバラの花弁のレベルがはっきりしていて、色の上でグラデーションの効果を移行するのはとても良いです。制作中、モザイクの模様を作るために、ガラスの糸が小さな破片にカットされ、表の上にガラスの破片を固定して図案を作る。

 
カルティエD’ART“海亀”の腕時計
カルティエはジュエリーウォッチメーカーの最大手で、動物の元素は腕時計のデザインによく使われています。全体の文字盤に展示されている色は多くないですが、十数種類の異なる宝石を使用しています。全部で1167個の小さいタイルで、一枚当たり0.75ミリ、厚さ0.4ミリで、それらをはめ込みますと、60時間以上かかります。

 
エルメス(Hermès)Aceau Marqueterie de Paille腕時計
ファッション腕時計ブランドのエルメスが発表したAceau Marqueterie de Paille腕時計は、フランスから来た黒い藁を使っています。まず染色処理をして、風乾燥をしてから、職人が薄い刃で切り、骨で工具を平らにして、異なった長さに切ります。最後に職人が麦わらの色とテクスチャに合わせて図案を貼り付け、図柄を文字盤にはめ込みます。