ラルフ・ローレンAutomotiveシリーズ透かし彫りの腕時計

ラルフ・ローレンAutomotive透け透けデザインの腕時計を搭載しRL1967手動でチェーン機械ムーブメントは、ラルフ・ローレン発売の初の透かし彫りムーブメント「1967」の命名も暗合ブランド創立年。基板とともに黒塗装板を採用して、強めてムーブメントの深い質感、そしてと経ブラスト処理の黒ステンレスケース微妙なコントラストを形成。文字板のじゅうに時位置を強調して身分の縁取りブランド「RL」は、アルファベットの身より下の主バネ微妙にずれ箱を見せたデザインの創造性と完全性。ギア係のステンレスと真鍮部品、発振週波数じゅうはち、000回/時間の大型バランス摆轮やコーティングベージュSuper-Luminov表層の酸化油煙の剣の形の指針、さらに豊かな視覚のレイヤー感。

http://www.jpabcdef.online/

 
光沢感のベゼルは貴重な波那木树瘤(Amboyna burl)を、この材料必要経験豊富な職人の熟練切断処理を、完全に現れる渦へと放り込まれてしまう柄、豪華自動車内装悠久歴史の応用分野。それは自動車や高級タブ界の間に架かる橋なのも、このAutomotive透かし彫りラルフ・ローレンさんに腕時計に美しい機械情熱のお祝いの作。