ランゲダトグラフクロノグラフはより簡潔で読みやすい

ランゲのダトグラフは1999年に発売されました。卓越した技術的特徴だけでなく、対称的な文字盤デザインを備えており、ストップセコンド機能を備えた時計の中でも際立っており、多くの人々の心に常に残っているクロノグラフ時計のモデルです。高貴なプラチナケースに加えて、このダトグラフはパワーリザーブ機能と表示、および時間のタイムスケール、ケースのサイズ、ダイヤル比などの外観デザインに多くの変更を加えました。パワーリザーブに関しては、古いL951.1手巻きムーブメントは時計に36時間のパワーリザーブを提供できますが、新しいL951.6手巻きムーブメントにはパワーリザーブを増やすための大きなバレルが装備されています。最大67%、最大60時間で、時計の耐久性が大幅に向上します。さらに、この変更の最も魅力的な側面の1つは、6時位置の新しいパワーリザーブディスプレイです。これは、時計名\ “Up / Down \”の由来でもあります。

 

 

設計では、フェイスプレートにパワーリザーブ表示が追加されていることに加えて、新しい時計の変更は、主にローマの時間スケールを棒状の時間スケールに置き換えたこと、およびケースのサイズと12時位置の日付表示の増加に反映されています。今回は時計の直径を39mmから41mmに拡大しました。ラージケースのサイズに合わせるために、時計の日付ウィンドウも4%拡大され、ラージデイトディスプレイ、スモールセコンド補助ダイヤル、スコアリングダイヤルの正三角形のレイアウトにより、ランゲダイヤル構造が維持されます。調和のとれた割合は明確で読みやすいです。さらに、古いモデルでは、2、6、および10時の位置にローマ数字II、VI、およびXが使用されています。今回のダトグラフの修正は、サクソニアシリーズと同じです。ロジウムゴールドの棒状の時間スケールがローマの時間スケールに置き換わり、文字盤にデザインはより統一され、簡潔になります。

 

 

もちろん、ランゲの時計製造プロセスは言うまでもありません。フライバックタイミングとストップ秒機能を備えたL951.6の手巻きムーブメントは1時間に18,000回の振動周波数で手作業で組み立てられ、5方向に調整されます。スプリントとブリッジは未加工のジャーマンシルバーで作られています。添え木は人工彫刻で加工されています。ボトムカバーを通して、ユーザーはクロノグラフ機能を制御するコラムホイール、ランゲヘアスプリング、テンプホイールクランププレート上のグースネック微調整装置を楽しむこともできます。これらはそれぞれブランドの厳密なプロセスを反映しています。