リチャードミル、RM 36-01セバスチャンローブトゥールビヨン重力測定時計を発表

このRM 36-01トゥールビヨン重力測定時計ロレックスコピーは、フランスのレーシングドライバーセバスチャンローブと共同でリチャードミルによって設計されました。特に、時計ミラーの下に「重力センサー」が装備されており、加減速時にドライバーを測定します。重力の値、および回転時の遠心力。

 

時計のサイズは47.7mm x 17.37mmです。スリーピースケースは、カーボンナノチューブ(カーボンナノチューブ)複合材料とチタン金属でできており、軽量で耐久性があります。茶色のセラミックベゼルを回転させると、重力センサーを対応する移動位置に調整できるため、より正確な測定結果が得られます。

 

重力センサーはクリスタルとベゼルに直結されており、50個以上の部品で構成されており、直径はわずか17mmで、重力の最大6倍の値を感知できます。ドライバーは赤/緑のダイヤルを使用して、現在の重力値が安全な範囲内にあるかどうかを確認し、センターボタンを押してセンサーの表示をすばやくゼロにリセットできます。

 

文字盤はオープンレイアウトを採用、文字盤中央のスペースをパワーセンサーが占めているため、指針構造が直角に折れ曲がり、人目を引く飽和色で強調されています。赤は時針、黄色は分針です。 2時位置にパワーリザーブインジケーター、4時位置にリューズ機能インジケーター、6時位置にトゥールビヨンがあります。

 

パワーリザーブ70時間のRM36-01手巻きムーブメントを搭載。中空のチタン合金ベースプレートは、黒色のPVDで処理され、可変慣性バランスホイールが装備されています。トゥールビヨンフレームはセラミックベアリングを使用して摩耗を低減しています。

 

30個限定のブルガリコピー公式価格は625,000ドルです。