レビューブレゲClassiqueシリーズ「大明火」7147エナメル腕時計

このClassique 7147にブレゲ時計で、精緻で、簡明で、優雅なは、その最高の要約。すべての不必要な詳細が全数消えて、きれいだけが殘った一面をさわやかな、非常に誘惑を通してしか800℃の窯炉で何度も煆焼が最終的に得た優美盤面。幾多の工程を経ていったんフェイス準備が終わると、有名なBreguet numeralsブレゲフォントと精細に置かれ、その上、乳白色のエナメル質のコントラスト。

 
時間と分は間違いなく、もちろん、経典の藍鋼ブレゲ指針来指示、補佐ご、ろく時位間の子文字盤に秒の表示。ブランドは、小秒盤エリアの外郭を選択するのではなく、少し内に凹むことで、着用者の第一目を簡単に見ることができる。

 
この表は内部を搭載しCal.502.3 SD型自動的にムーブメント、同が昨年発表したClassique 7147腕時計が使用すると全く同じで、サファイア透け表を鑑賞に細い、その使い方はインラインの反転レバー式逃げ機構を搭載珪質逃げフォークや珪質糸遊。美しいジュネーヴ縞に加え玑粘振り子陀、詳しく徹底的に見せてブレゲの師の心。性能は、この枚ムーブメントの振動を21600 vph 45時間の動力を提供するように準備時間。