ロジェニROGENYの腕時計、ファッションと工芸の両立に心血した作品

精致な工芸品、工夫を凝らして製造して、ずっとからすべて優秀な工芸品の標準装備で、基層の部品の設計の組み立てに関わらず、まだ風光の1時2つの上層の設計がなくて、ファッションと精致はすべて設計者達が考慮しなければならない元素で、この基礎の上で、どのように両者の間で互換性を得て、従業員のすべて克服したい難題になりました。同じように、腕時計業界でも、このような人工的で洗練された腕時計があります。ロジェネロジェニロゲニーの腕時計に入ります。彼らはどのように工芸品のようなファッション腕時計を作るかを見てみましょう。

 
目を引くのは一番目の目標です。外観から見れば、ロジェニロゲニの腕時計のデザインは申し分がないです。成功した男性のためにデザインの腕時計を選んで、人体工学の原理に従って、使用者に快適な装着体験をもたらします。外観から見れば、ロジェニROGENの腕時計は依然として精致な腕時計が極めて薄型のシリーズの極簡経典の風格に続いています。古代のデザインを模倣したクロムメッキの文字盤は表径を非常に薄い程度に縮めています。透明な文字盤の中で、薄い銀白色のロゴが文字盤の上に飾られています。透かした歯車に合わせてデザインされています。コントラストを強めています。ユーザーは時間の流れに伴う律動をはっきりと聞こえるようです。時間をもっと重さにします。ロジェニールージュは需要に応じて多様な表示ウィンドウを設けています。デザイン感をより成熟させ、インテリアの低调とともに、貴重さを兼ね備えています。工芸品としての需要はすべてそろっています。

 
豪華な外在よりも、ロジェニのROGENY内部のデザインの方がユーザーを驚かせ、芯を内蔵した極端な軽量で、伝奇的なムーブメントの厚さがわずか数ミリメートルの薄さで、腕時計全体の動きを支えています。ミリはどういう概念ですか?小さな硬貨や薄い紙を意味しています。これは技術的に難しいことです。時計職人にとっても非常に挑戦的なことです。無駄な部品を捨てるだけではなく、この基礎の上に部品をより細くして、歩く時と性能を保証しなければなりません。しかし、ロジェニROGENYの腕時計は、極薄のムーブメントは時間と性能を割引していません。逆に、ダイエット成功後の繊細で優雅な構造が魅力的です。これまでの時間を守る性能と信頼性は、新しいデザインにもしっかりとしています。クォーツの安定した足芯を搭載した、繊細なケース、豪華な素材、美しいクロムメッキの文字盤など、視覚と品質の二重体験をもたらします。