ロレックスのカレンダー型「SERTIE」がうっとりする宝石

新しい暦型の腕時計はすべて独特で、精巧で、華麗な表面を備えています。これらの表面はロレックスによって設計され、製造されています。外輪には四角形のカットダイヤモンドがはめ込まれています。

 
ロレックスは独自の技術と微妙な材質の組み合わせを採用して、2つの新型の表面デザインを発売して、真珠の母の自然な美髪を余すところなく発揮します。パールの母の表面には18 ctの白色のゴールデンホイールディスク式の小さいリングがあり、217粒のきらきらと光るダイヤモンドがはめ込まれています。ピンクや白を精緻に象眼した花模様の真珠の母です。有名なイギリスの布地からインスピレーションを得て、牛津の表面にはバスケット模様が刻まれています。表面には白い真珠の母を採用しています。あるいはロレックス特有の方法で処理されています。この二つは18 ctの永久バラゴールドやホワイトゴールドをあしらった周カレンダータイプの腕時計です。

 
精致な宝石の表面は、ダイヤのポイントマークを引き立たせて辉きます。18 ctホワイトゴールドにラピスラズリの表面、18 ctゴールドに牛眼石の表面、18 ctの永恒バラゴールドに鉄素体の表面を配合しています。宝石の表面はダイヤモンドの外側の輪と相まって、より貴い華麗さを現す。

 
カレンダー型「SERTIE」腕時計のカキ式のケースは直径36ミリ、防水深さ100メートル(330フィート)と堅牢で優雅で完璧なスケールのモデルです。独特な中間層のケースは元のブロック18 ctの金からできています。三角坑紋の底蓋はロレックスの時計職人がブランド専用の特殊工具できつく締めて、ケースを完全に密封します。上チェーンの冠は特許のダブルロック二重防水システムを採用して、しっかりとケースに締めます。鏡面は青水晶を傷つけないように製作しています。3時の位置には小窓凸レンズを取り付けてカレンダーウィンドウを拡大しています。もっと読みやすいです。完全に密封されたカキのケースはカレンダー型「SERTIE」の腕時計の高度で正確なムーブメントに最適な保護を提供します。